U-FINO
scroll

PURPOSE OF
ESTABLISHMENT
設立趣意

  • うめきた地区は、西日本最大の交通ターミナルであるJR大阪駅と業務商業機能の一大集積地である梅田地区に隣接する稀有な立地ポテンシャルを有しており、2013年に開業した先行開発区域(グランフロント大阪)は、知的創造・交流の場となる「ナレッジキャピタル」をはじめ、業務・商業機能などの高度な都市機能の集積を実現している。

    新たにまちびらきをひかえているうめきた2期地区では、「大阪駅周辺・中之島・御堂筋周辺地域都市再生緊急整備協議会会議 大阪駅周辺地域部会」において策定された、まちづくりの目標『「みどり」と「イノベーション」の融合拠点』(世界の人々を惹きつける比類なき魅力を備えた「みどり」と、世界をリードする「イノベーション」を生み出す都市機能との融合拠点)の実現をめざし、「うめきた2期みどりとイノベーションの融合拠点形成推進協議会(以下、「推進協議会」という。)」を官民が連携して設立し、イノベーション創出に向けた先行的取組みなどの活動を展開してきた。

    新産業創出のテーマとして「ライフデザイン・イノベーション」を掲げるうめきた2期のビジョンの実現には、これまで以上に強固な産学官連携が必要なことから、今回、これまでの推進協議会の活動から得られた知見等を継承し、イノベーション創出を推進するための中心的な役割を担う組織として、関西経済連合会・大阪商工会議所・大阪府・大阪市ならびに2期開発事業者が官民一体となって一般社団法人うめきた未来イノベーション機構を設立するものである。
    当組織は、「社会課題の解決や新産業創出に向けて、情報・人・技術などをうめきた2期に集めることで、新しい製品・サービスやビジネスが生まれるエコシステムを構築し、大阪・関西におけるイノベーション創出を推進する」というビジョンのもと、参画機関の持つネットワークやノウハウ等の強みを共有しながら、多様なシーズと支援リソースを繋ぎ、イノベーションの事業化を支援するハブ機能を発揮し、エコシステムの強化を図っていくものである。
    また、当組織の活動を通じ、先行開発区域を含む様々な取組と連携を図っていくことで、うめきた地区全体が、産学官の垣根を超えたオープンイノベーションを促進し、関西のみならず我が国の新産業創出、国際集客・交流及び人材育成に貢献する、新たな国際競争力を獲得するイノベーション拠点として成長・発展していくことに寄与していくものである。

    2022年9月13日

  • イメージ画像

    イメージ画像

ABOUT US 法人概要

  • 名称
    一般社団法人うめきた未来イノベーション機構
  • 設立日
    2022年9月13日
  • 所在地
    大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪 北館 ナレッジキャピタル内
  • 目的
    社会課題の解決や新産業創出に向け、情報・人・技術などをうめきた2期に集めることで、新しい製品・サービスやビジネスが生まれるエコシステムを構築し、大阪・関西におけるイノベーション創出を推進することを目的とする。
  • 事業内容
    目的実現のため、ハブ機能の発揮、エコシステムの強化といった役割を果たすべく、
    官民一体組織の特性や強みを活かし、次の事業を行う。
    (1)人材、企業が集積・交流することで創出された事業化プロジェクトが循環するためのハブ機能を構築する事業
    (2)イノベーション創出につながる外部組織などエコシステムを形成する各機関との連携を強化する事業
    (3)その他附帯または関連する事業
  • 理事構成
    代表理事 中沢 則夫
    理事 関 総一郎 (公益社団法人関西経済連合会 専務理事)
    宮城 勉  (大阪商工会議所 専務理事)
    尾花 英次郎(大阪都市計画局 技監)
    髙橋 豊典 (オリックス不動産株式会社 専務執行役員)
    諸冨 隆一 (阪急電鉄株式会社 取締役)
    監事 阿部 孝次 (公益社団法人関西経済連合会 常務理事・事務局長)
  • 社員
    三菱地所株式会社/大阪ガス都市開発株式会社/オリックス不動産株式会社/関電不動産開発株式会社/
    積水ハウス株式会社/株式会社竹中工務店/阪急電鉄株式会社/株式会社大林組(うめきた開発特定目的会社出資者)

BACKGROUND うめきた2期中核機能に関する検討経過

  • 2002 07
    都市再生緊急整備地域に指定
  • 2012 01
    特定都市再生緊急整備地域に指定
  • 2013 04
    先行開発区域(グランフロント大阪)まちびらき
  • 2015 03
    「うめきた2期区域まちづくりの方針」決定
    (大阪駅周辺・中之島・御堂筋周辺地域 都市再生緊急整備協議会会議 大阪駅周辺地域部会)
  • 2016 04
    新産業創出のテーマを「ライフデザイン・イノベーション」(※)に決定 (大阪駅周辺・中之島・御堂筋周辺地域 都市再生緊急整備協議会会議 大阪駅周辺地域部会) (※)ライフデザイン・イノベーション…IoTやビッグデータ等の活用により、創薬や医療機器開発などの分野にとどまらず、人々が豊かに生きるための新しい製品・サービスを創出すること)
  • 2017 06
    うめきた2期みどりとイノベーションの融合拠点形成推進協議会設立
    (公益社団法人関西経済連合会、大阪商工会議所、独立行政法人都市再生機構、大阪府、大阪市、一般財団法人大阪科学技術センター)
  • 2018 07
    うめきた2期区域開発事業者の決定
  • 2018 10
    うめきた2期みどりとイノベーションの融合拠点形成推進協議会に開発事業者が参画

LOGO ロゴマークについて

U-FINO
「うめきた未来イノベーション機構」の頭文字である「U」をモチーフにシンボルマークとして開発。 「U」を構成する4つのラインは「産・学・官・民」を表現。4つの力を組み合わせることでイノベーションが生まれる場を創り、さらに、地域の盛り上がりはもちろん、グローバルに広がっていくことを、上昇するラインで印象づけています。 しっかりとした力強いラインは、本法人としての識別性と独自性を高めるとともに、うめきた2期でイノベーションを起こすための行動を牽引していこうという強い志も表しています。